書き順
なりたち
 形声 音符は亥(がい)。亥は獣の形で㣇(たたり・わざわい)をもたらす呪霊(じゅれい)をもつ獣を横から見た形。骸は獣の屍(しかばね)の骨骼(こっかく・体の骨ぐみ)をいい、「むくろ」の意味となる。骸骨は死骸の骨。「骸骨を乞(こ)う」は、主君に捧(ささ)げたわが身の残骸をもらいうけたいの意味で、官職にあった者が、辞職を願い出るときの常套句(じょうとうく)であった。
そのほか
画 数 16画
部 首 ほね
音読み げ・呉音(外)
かい・漢音(外)
がい・呉音
訓読み むくろ(外)
用例 骸骨(がいこつ)
形骸(けいがい)
残骸(ざんがい)


なかまのかんじ

冖のある漢字
月のある漢字
骨のある漢字  骨6
亠のある漢字
亥のある漢字  刻6