書き順
なりたち
 形声 音符は𧆨(りょ)。「説文」に「謀思することなり」とあり。注意深く考えること、「おもんばかる」ことをいう。「詩経」に、「慮(はか)らず、圖(はか)らず(思慮することもなく)」とあり、古い用法の字であるが、甲骨文字・金文に慮の字はない。戦国時代(紀元前五世紀~前三世紀)の金文「中山王方鼎(ちゅうざんおうほうてい)」にりょ(下図)に作り、慮は思を要素として含む字でないことが知られる。
りょ
そのほか
 
画 数 15画
部 首 こころ
音読み ろ(外)・呉音
りょ・漢音
訓読み おもんばか-る(外)
用例 思慮(しりょ)
配慮(はいりょ)
遠慮(えんりょ)

なかまのかんじ

卜のある漢字
七のある漢字
虍のある漢字  劇6
田のある漢字
心のある漢字