書き順
なりたち
 形声 音符は𧆨(りょ)。「説文」に、「獲(か)たるものなり」とあって捕虜(戦場で敵に捕らえられた人。とりこ)の意味とする。「詩経、常武」は淮夷(わいい・南方にいた部族の名前)を討つことを歌う詩で、「仍(しきり)に、醜虜(しゅうりょ・えびすども、捕虜)をとらう」と歌う。
そのほか
 
画 数 13画
部 首 とらかんむり、とらがしら
音読み る(外)・呉音
ろ(外)・漢音
りょ・慣用音
訓読み とりこ(外)
用例 亡虜(ぼうりょ)
虜掠(りょりゃく)
虜獲(りょかく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
とりこ。いけどる 虜囚・囚虜・俘虜 ・捕虜
敵対する異民族 胡虜・醜虜・髯虜 
なかまのかんじ

卜のある漢字
七のある漢字
虍のある漢字  劇6
田のある漢字
力のある漢字
男のある漢字  男1 勇4