書き順
なりたち
 形声 音符は立(りゅう)。「説文」に、「糂(つぶ)なり」とあり、米つぶをいう。のちすべて、「つぶ」の意味に用いる。「書経」に、「烝民(じょうみん・多くの民)、乃(すなわ)ち粒(りゅう)す」とあり、米を食べて生活しうることをいう。
そのほか
 
画 数 11画
部 首 こめへん
音読み りゅう・呉音
りゅう・漢音
訓読み つぶ
用例 粒子(りゅうし)
粒食(りゅうしょく)
根粒(こんりゅう)

なかまのかんじ

米のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字