書き順
なりたち
 象形 もとの字は龍に作る。頭に辛字形の冠飾(かんむりかざ)りをつけた蛇身の獣の形。「たつ、りゅう」の意味に用い、古代の伝説上の不可思議な力を備えた動物をいう。鳳(ほう・ほうおう)と同じように、冠飾りをつけているのは聖獣のしるしである。甲骨文字・金文の龔(きょう)は両手(廾・きょう)で竜を捧げる形で、恭(つつしむ)のもとの字とみてよい字である。竜を使うシャーマン(神がかりの状態となって予言する巫女(ふじょ))がおり、竜を用いて呪的儀礼を行うことがあったらしい。竜は洪水神とされ、古い神話では竜形の神とされる。甲骨文字では、雲のもとの字の云(うん)は、雲の流れる下に竜の捲(ま)いている尾が少し現れている形、旬は尾を捲いた竜の形。虹は竜形の獣の形である。リュウは慣用音で、国語ではリュウの音で読むことが多い。
そのほか
 
画 数 10画
部 首 たつ、りゅう
音読み りゅう・呉音
りょう(外)・漢音
ろう(外)・慣用音
訓読み たつ
用例 竜宮(りゅうぐう)
竜神(りゅうじん)
雲竜(うんりゅう)

なかまのかんじ

亠のある漢字
立のある漢字
竜のある漢字