書き順
なりたち
 形声 音符は卯(りゅう)。「説文」に、「小楊(しょうよう)なり」とあり、若い楊柳(やなぎ)の枝の意味とする。「やなぎ」の意味に用い、柳の葉のように細くてきれいな美人の眉(まゆ)を柳眉(りゅうび)という。柳条(柳の枝)・柳花(柳の花)が江南の風物として中国の詩文にみえるのは、六朝期(りくちょうき・三世紀~六世紀)のころからである。
そのほか
 
画 数 9画
部 首 きへん
音読み る(外)・呉音
りゅう・漢音
訓読み やなぎ
用例 垂柳(すいりゅう)
柳葉(りゅうよう)
柳眉(りゅうび)

なかまのかんじ

植物の漢字
木のある漢字
卩のある漢字
卯のある漢字  卵6