書き順
なりたち
 形声 音符は栗(りつ)。「おそれる、おののく、ふるえる」の意味となる。慄然(おそれて、ぞっとするさま)・慄烈(寒さのきびしいさま)・慄慄(おそれて身をふるわせるさま)などのように用いる。
そのほか
 
画 数 13画
部 首 りっしんべん
音読み りち(外)・呉音
りつ・漢音
訓読み おそ-れる(外)
お-ののく(外)
ふる-える(外)
用例 慄然(りつぜん)
慄鋭(りつえい)
慄縮(りつしゅく)

なかまのかんじ

忄のある漢字
にしのある漢字
木のある漢字