書き順
なりたち
 形声 音符は監(かん)。監に覧(らん・みる)・藍(らん・あい)の音がある。「説文」に、「氾(うか)ぶなり」とあって、氾濫(はんらん)する(水があふれ広がる)ことをいい、「はびこる・みなぎる・あふれる」の意味に用いる。また。濫獲(らんかく・魚や鳥獣などをみだりに使うこと)・濫用(らんよう・やたらに使うこと。乱用)のように、「みだりに」の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 18画
部 首 さんずい
音読み らん・呉音
らん・漢音
訓読み はびこる(外)
みだりに(外)
用例 濫発(らんぱつ)
濫造(らんぞう)
汎濫(はんらん)

なかまのかんじ

氵のある漢字
臣のある漢字
皿のある漢字
監のある漢字