書き順
なりたち
 形声 音符は各(かく)。各に烙(らく・やく)・珞(らく・たまかざり)の音がある。「説文」に、「絮(ふるわた)なり」とし、また「一に曰(いわ)く、麻の未(いま)だ漚(ひた)さざるものなり」とある。古綿(ふねわた)や麻は絡(から)み纏(まつ)わりやすいものであるから、絡は、「からむ・からまる・まつわる・つらなる」の意味となる。
そのほか
 
画 数 12画
部 首 いとへん
音読み らく・呉音
らく・漢音
訓読み から-む
から-まる
から-める
用例 脈絡(みゃくらく)
連絡(れんらく)
短絡(たんらく)

なかまのかんじ

小のある漢字
糸のある漢字
夂のある漢字
口のある漢字
各のある漢字