書き順
なりたち
 会意 网(もう)と維とを組み合わせた形。网は網の形。甲骨文字の字形は、隹(とり)に网(あみ)をかける象形的な字である。のち、さらに糸を加えて、隹に網をかけて維(つな)ぎとめる形が羅で、「あみ・あみする」の意味となる。うすぎぬなど、網目(あみめ)が似ているので、「うすぎぬ・あやぎぬ・ちぢみ」の意味に用いる。また羅列(つらねならべること)のように、「ならべる」の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 19画
部 首 あみがしら
音読み ら・呉音
ら・漢音
訓読み あみ(外)
つら-なる(外)
うすぎぬ(外)
用例 羅衣(らい)
網羅(もうら)
綺羅(きら)

なかまのかんじ

道具に由来する漢字
罒のある漢字
小のある漢字
糸のある漢字
隹のある漢字