書き順
なりたち
 形声 音符は異(よく)。異を金文には異臨(よくりん)、休異(きゅうよく)のように、「たすける・まもる」の意味に用いている。異が翼のもとの字である。のち、羽をつけて翼の字になった。翼には、「つばさ」の意味がある。「説文」に、「翅(はね)なり」とある。
そのほか
 
画 数 17画
部 首 はね
音読み いき(外)・呉音
よく・漢音/td>
訓読み つばさ
たす-ける(外)
用例 翼果(よっか)
両翼(りょうよく)
一翼(いちよく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
鳥のつばさ 比翼・鶴翼 ・羽翼・翼鏡
飛行機のはね 銀翼・主翼・尾翼・翼弦
たすける 扶翼・翼賛・翼成・協翼
左右に張り出た 鼻翼・最右翼・左翼手
なかまのかんじ

羽のある漢字  羽2 習3 翌6
田のある漢字
八のある漢字
共のある漢字
異のある漢字  異6