書き順
なりたち
 形声 音符は夭(よう)。「説文」に、「漑潅(かんがい)するなり」とあり、農地に水を注ぐことをいう。水を注ぐと土が肥えるので、沃土(肥えた土)・沃𩜙(よくじょう・土が肥えて作物がよくできる)・沃野(肥えた平地)・肥沃(土地が肥えているさま)のように用いる。「周礼」に王に沃(そそ)ぎて盥(かん)せしむ」とあるのは、手を洗い清める意味である。「そそぐ、つややか、うつくしい」の意味となる。
そのほか
 
画 数 7画
部 首 さんずい
音読み おく(外)・呉音
おく(外)・漢音
よく・慣用音
訓読み そそ-ぐ(外)
うつく-しい(外)
用例 肥沃(ひよく)
沃若(よくじゃく)
沃素(ようそ)

なかまのかんじ

氵のある漢字
夭のある漢字  橋3 笑4 奏6