書き順
なりたち
 会意 手と卬(こう)とを組み合わせた形。卬は人が向かい合う形である。上下に向かい合うときは、一人が仰向(あおむ)けに寝て、一人がそれを抑える形で、下からいえば仰ぐ、上からいえば抑えるという関係になる。抑は上から手で、「おさえる・おす」の意味となる。
そのほか
 
画 数 7画
部 首 てへん
音読み おく(外)・呉音
よく・漢音
訓読み おさ-える
用例 抑圧(よくあつ)
抑制(よくせい)
抑揚(よくよう)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
扌のある漢字
卩のある漢字