書き順
なりたち
 形声 音符は雍(よう)。「説文」に字を𢹬に作り。「抱(いだく)くなり」とする。雍は人の胸に隹(とり)を抱く形で、鷹狩(たかが)りをする鷹匠(たかじょう)が鷹を抱く形である。それに手を加えた形声の字が擁で、「だく・いだく」の意味となり、だきかかえて、「まもる」の意味となる。
そのほか
 
画 数 16画
部 首 てへん
音読み ゆ(外)・呉音
よう・漢音
訓読み いだ-く(外)
まも-る(外)
用例 擁護(ようご)
擁壁(ようへき)
応護(おうご)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
だく。かかえる 抱擁 
まもる。たすける 擁護・擁立
さえぎる。ふさぐ 擁蔽
なかまのかんじ

扌のある漢字
亠のある漢字
幺のある漢字
隹のある漢字