書き順
なりたち
 形声 音符は厓(がい)。音が厓の字に崖(がい・がけ)・啀(がい・いがむ)・睚(がい・まなじり)などがある。厓(がけ)は、音は圭(けい)、山すそが崖の状態になっているところをいう。水ぎわの岸が崖のようになっているところを涯といい、「みぎわ・はて」の意味に用いる。圭は土が壁状に重なっているところで、とげとげしい状態であるから啀・睚のように用いる。
そのほか
画 数 11画
部 首 さんずい
音読み げ(外)・呉音
がい・漢音
訓読み はて(外)
用例 際涯(さいがい)
有涯(うがい)
涯分(がいぶん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
水ぎわ。岸 水涯・津涯・浜涯
遠い果て。限り 涯際・天涯・辺涯・無涯
終わりまでの間 境涯・生涯
なかまのかんじ

氵のある漢字
厂のある漢字
土のある漢字
圭のある漢字  街4