書き順
なりたち
 形声 音符は羊(よう)。字はまた窰(よう)に作り、音は䍃(よう)。穴が、「かま・かまど」の形で・羊・䍃が音である。窯は下に灬(火・列火という)を加えている。匋(とう)は窯(かま)で土器(缶(ふ)・ほとぎ)を焼く形で匋がもとの字であろうが、窯の字形が使われている。陶器を焼くとき、釉薬(ゆうやく)によって色彩の光沢が変化し、種々の模様が生まれることを窯変という。窯で粘土を焼いて陶磁器、煉瓦(れんが)、瓦(かわら)などを製造する工業を陶業という。
そのほか
 
画 数 15画
部 首 あなかんむり
音読み よう・呉音
よう・漢音
訓読み かま
用例 官窯(かんよう)
定窯(ていとう)
陶窯(とうよう)

なかまのかんじ

宀のある漢字
八のある漢字
三のある漢字
穴のある漢字
羊のある漢字
灬のある漢字