書き順  
なりたち
 会意 甲骨文字・金文の字形は、凡(ぼん)と口とを組み合わせた形。凡は盤の形、口は さいで、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形。「書経」に、即位のときの儀礼に用いる酒器を同瑁(どうぼう)といい、同は筒形の酒杯の名であると思われる。興は同を両手で持ち、さらに両手で支えて大地に酒を注いで、大地に宿る霊を呼び起こす儀式である。周代には諸侯が集まって天子に拝謁する会見する会同という儀礼があった。集まって同という酒杯を使って行う儀式をともにすることから、「ともにする、おなじくする、おなじ、ともに」の意味となる。
そのほか
学 年 2年
画 数 6画
部 首 くち
音読み ずう(外)・呉音
とう(外)・漢音
どう・慣用音
訓読み おな-じ
用例 同一(どういつ)
同人(どうじん)
一同(いちどう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おなじ。ひとしい 同音・同時・同然・同等
いっしょに 共同・協同・帯同・同居
なかま。みな 会同・合同・大同団結
他人と合わせる 賛同・雷同
その 同月・同氏・同校
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
冂のある漢字
口のある漢字
同のある漢字  同2 興5 銅5

同-光村図書上056.東京書籍上064.教育出版上097