書き順  
なりたち
 会意 雨と申とを組み合わせた形。下部はもと、申の形である。申は稲妻(いなづま・電光)の形。申に雲・雷など気象を表す字につける雨(雨かんむり)をつけて電とし、「いなづま、いなびかり、いなびかりのようにはやい」の意味に用い、電撃(いなづまのようにすばやく敵を攻撃すること)・雷電(かみなりといなづま雷が鳴り稲妻が走ること)のようにいう。今は電気の意味に用いることが多く、電流・電信・電報・発電のようにいう。
そのほか
学 年 2年
画 数 13画
部 首 あめかんむり
音読み でん・呉音
てん(外)・漢音
訓読み いなずま(外)
用例 放電(ほうでん)
電気(でんき)
電文(でんぶん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
いなずま 電光・紫電・雷電
電気のこと 感電・電圧・電化・電力
電信、電報の略 外電・祝電・打電・入電
電車の略 市電・終電
動作がすばやい 電光石火・電撃・逐電
なかまのかんじ

天気の漢字
雨のある漢字

電-光村図書上121.東京書籍下044.教育出版上026