書き順  
なりたち
 会意 矢(し)と口とを組み合わせた形。矢は神聖なものとされ、誓約のときにそのしるしとして矢を用いるので矢(ちか)うとよみ、矢を折ることは誓うことの所作であった。口は さいで、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形。神に祈り、神に誓うことを知といい、「あきらかにしる、しる、さとる」の意味に用いる。神に誓ってはじめて「あきらかにしる、しる、さとる」ことができるのである。また「政(まつりごと)を知らんとす」のように「つかさどる」の意味にも用いる。智(ち)のもとの字は、矢と干(かん)と口とを組み合わせた形で、矢のほかにさらに聖器としての干(たて、盾)を加えて神に誓うことを示す字である。知が主として「しる」と動詞に用いるのに対して、智は「ちえ、ちしき」と名詞的に使用する。
そのほか
学 年 2年
画 数 8画
部 首 や、やへん
音読み ち・呉音
ち・漢音
訓読み し-る
し-らせる(外)
用例 知恵(ちえ)
知名(ちめい)
知友(ちゆう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
しる。さとる 知識・知命・未知・予知
物事を考える能力 知者・知能・英知・理知
しらせる。しらせ 告知・下知・通知・報知
相手をしっている 知音  ・知己・知行・知人
つかさどる 知県・知事・知行
なかまのかんじ

都道府県の漢字
武器に由来する漢字
矢のある漢字
口のある漢字

知-光村図書上078.東京書籍上096.教育出版下098