書き順  
なりたち
 会意 もとの字は數に作り、婁(ろう)と攴(ぼく・攵)とを組み合わせた形。婁は女子が髪を高く巻き上げた形。これを攴(う)って、髪形を崩し乱すことを数(さく)という。それは人を責める行為として行われたので、「せめる」の意味となる。髪が乱れて数えることができない状態となるので「かず、かぞえる」の意味となり、数の数え方には一定の法則があるので命数・暦数(自然にめぐってくる運命)のようにいい、「さだめ、運命」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 2年
画 数 13画
部 首 ぼくにょう
音読み しゅ(外)、そく(外)・呉音
す(高)、さく(外)・漢音
すう・慣用音
訓読み かず
かぞ-える
用例 算数(さんすう)
数字(すうじ)
人数 (にんずう) 
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かずをかぞえる 数学・小数・回数・点数
いくらか 数回・数人・数年・数百
めぐり合わせ 数奇・命数
はかりごと 術数
数学の略 理数科・英数科
なかまのかんじ

数の漢字
教科の漢字
攵のある漢字
女のある漢字
米のある漢字

数-光村図書上053.東京書籍上033.教育出版上038