書き順  
なりたち
 会意 辛と木と見とを組み合わせた形。辛は把手(とって)のついた大きな針。この針を投げて位牌(いはい)を作る木を選び、その新しく切り出した木で作った位牌を見て拝む形は親である。金文には寴(しん)の字形もある。宀(べん)は祖先の霊を祭る廟(みたまや)の屋根の形で、廟。新しい位牌は父母の位牌であることが多く、廟の中で拝まれている位牌は父母の位牌であるから、親は「おや、父母」の意味となる。廟の中で新しい位牌を拝むのは親しい関係の者であるから、「みうち、したしい、したしむ」の意味となり、また「みずから」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 2年
画 数 16画
部 首 みる
音読み しん・呉音
しん・漢音
訓読み おや
した-しい、した-しむ
用例 親友(しんゆう)
親切(しんせつ)
親戚 (しんせき) 
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おや。父母 養親・両親・老親・親権
みうち。血つづき 親族・親類・近親・肉親
むつまじい 親愛・親交・懇親・和親
みずからする 親告・親書・親政・親展
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
家族の漢字
道具に由来する漢字
亠のある漢字
立のある漢字
木のある漢字
目のある漢字
儿のある漢字
見のある漢字
見1 親2 覚4 観4 規5 現5 視6 覧6

親-光村図書上1290.東京書籍下022.教育出版上062