書き順  
なりたち
 会意 宀(べん)と至とを組み立てた形。 宀は祖先の霊を祭る廟(みたまや)の屋根の形。重要な建物を建てるときは、土地の選定をするが、予定の土地に神聖なものとされた矢を放ち、矢の到達した地点を建築場所と定めた。至は矢の逆(さか)さまの形と一を組み合わせた形で、矢の到達した地点を示す。そこに祖先を祭る建物を建築するのである。室はもと祖先を祭る「へや」の意味であったが、のち人の住む「へや、いえ」の意味となり、家の人すべて、一家、家族の意味となった。屋・臺(台)はいずれも至の形を含むが、同じように矢を放って建築場所を選定して建てた建物である。国語では「むろ」とよみ、氷室(ひむろ・冬にとった氷を夏まで貯蔵しておくための岩穴・小屋)のように使う。
そのほか
学 年 2年
画 数 9画
部 首 うかんむり
音読み しち・呉音
しつ・漢音
訓読み むろ(中)
用例 教室(きょうしつ)
入室(にゅうしつ)
分室(ぶんしつ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
へや。すまい 室内・茶室・同室・和室
つま。夫人 正室・側室・令室
一族。家族 王室・皇室・宗室
むろ 玄室・石室・氷室 
なかまのかんじ

建物に由来する漢字
武器に由来する漢字
宀のある漢字
至のある漢字
  室2 屋3 至6

室-光村図書上079.東京書籍下047.教育出版上119