書き順  
なりたち
 象形 矢の形。矢は神聖なものとされ、たとえば誓約の時にそのしるしとして矢を用いるので「矢(ちか)う」という読み方がある。矢を折ることは誓うときの所作(しょさ・しぐさ)であった。草木を斤(おの)で切って誓うことを誓(ちかう)というが、矢を折ることと草木を切断することは、誓うときの所作と似ているところがある。
そのほか
学 年 2年
画 数 5画
部 首
音読み し(高)・呉音
し(高)・漢音
訓読み
用例 一矢(いっし)
弓矢(きゅうし)
正矢(せいし)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
嚆矢・矢石・蓬矢・流矢
約束を固く守る 矢言
三角関数 余矢・正矢
なかまのかんじ

武器の漢字
矢のある漢字
人のある漢字

矢-光村図書下105.東京書籍下022.教育出版上097