書き順  
なりたち
 象形 谷の入口の所の形。上部の八の形が重なっているのは、山脈(やまなみ)が重なるように迫っている形。下部は口ではなく、𠙴(きょ)のような形で、谷の入口の形であるから、全体の形が「たに」を示す。甲骨文字は、谷の入口に さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れてある器の形)置いている形であって、そこは聖所として祀(まつ)られたのであろう。すべて水源の所は聖所として祀られることが多かった。
そのほか
学 年 2年
画 数 7画
部 首 たに
音読み こく(中)・呉音
こく(中)・漢音
訓読み たに
用例 山谷(さんこく)
谷風(こくふう)
谷頭(こくとう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
たに。たにあい 谷飲・渓谷・空谷・幽谷
なかまのかんじ

自然の漢字
𠆢のある漢字
口のある漢字
八のある漢字
谷のある漢字  谷2 浴4 容5 欲6

谷-光村図書下105.東京書籍上147.教育出版上109