書き順  
なりたち
 形声 音符は舌(かつ)。舌のもとの字は𠯑(かつ)に作り、小さな把(とっ)手のついた刀(氏)で、 さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れてある器の形)を刺し、その祈りの効果を失わせることで、刮(けず)るという意味がある。その刮るときの音を形容して活活という。水の勢いよく流れる音をも活活という。活とは生命の生き生きとして勢いのある力をいい「いきる」の意味に用いる。
そのほか
学 年 2年
画 数 9画
部 首 さんずい
音読み かつ・漢音
訓読み い-きる(外)
用例 活気(かっき)
生活(せいかつ)
活字(かつじ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
いきる。いかす 活魚・活殺・死活・自活
勢いよく動く 快活・活動・活発・活力
活字の略 活版・木活
活動の略 部活
活用の略 五段活
活動写真の略 活弁
なかまのかんじ

教科の漢字
氵のある漢字
舌のある漢字
活2 話2 辞4 舌5 乱6