書き順  
なりたち
 形声 音符は毎(まい)。毎に悔(かい・くいる)・晦(かい・くらい)の音がある。毎は多くの髪飾りをつけた女の姿で頭の上が鬱陶(うっとう)しいような状態をいう。「うみ」の意味に用いる。中国で四海というのは、四方が海であるという意味ではなく、中華(文明の進んだ中国)に対して四方は未開の国であるという意味である。海はまた知られざる暗黒の世界であった。
そのほか
学 年 2年
画 数 9画
部 首 さんずい
音読み かい・呉音
かい・漢音
訓読み うみ
用例 海水(かいすい)
海中(かいちゅう)
大海(たいかい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
うみ 海外・海岸・近海・深海
広く大きい 雲海・官海・樹海・人海
度量が広く大きい 海容・天空海闊
なかまのかんじ

都道府県の漢字
自然の漢字
天体の漢字
氵のある漢字
毋のある漢字
毎のある漢字
海2 毎2 梅4