書き順
なりたち
 形声 音符は昜(よう)。昜は台上に霊の力を持つ玉(ぎょく・日)を置き、その玉光が放射する形。金文の字形は、玉を高く捧(ささ)げ持つ形のものが多い。玉光にふれることは人の精気を盛んにし、豊かにする魂振(たまふ)りの働きがあるものとされた。金文に、「王の休(たまもの)に對揚(たいよう)す」のように、王のめぐみに、「こたえる」の意味に用いる。玉を高く捧げ持つことから、「あげる・あがる」の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 12画
部 首 てへん
音読み よう・呉音
よう・漢音
訓読み あ-げる
あ-がる
こた-える(外)
用例 高揚(こうよう)
飛揚(ひよう)
浮揚(ふよう)

なかまのかんじ

扌のある漢字
日のある漢字
勹のある漢字
勿のある漢字 
場2 湯3 陽3 腸4 易5 傷6