書き順
なりたち
 会意 もとの形は鬲(れき)と蟲(ちゅう・虫)とを組み合わせた形。鬲は三足のある煮炊(にた)きに用いる釜(かま)。また食物を貯蔵する器である、その器中のものが腐敗してとろけて虫がわき、虫が鬲の外に溢(あふ)れる形が融で、「とろける・とける」の意味となる。心がやわらぐさま、やわらぎ楽しむさまを融然・融融という。「やわらぐ、とおる」の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 16画
部 首 むし
音読み ゆ(外)・呉音
ゆう・漢音
訓読み と-ける(外)
やわ-らぐ(外)
とおる(外)
用例 融化(ゆうか)
融雪(ゆうせつ)
融像(ゆうぞう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
固体が液体になる 融解・融合・融点・溶融
心がひろい 融和
通じる。流通する 融資・融通・金融
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
口のある漢字
冂のある漢字
鬲のある漢字
虫のある漢字