書き順
なりたち
 形声 もとの字はゆう(下図)。音符は右(ゆう)。漢代の石碑にはこの字が多く使用されている。「説文」に「鳥父なり」とあり、隹(とり)の「おす」の意味とする。めすとおすを、隹には雌雄といい、獣には牝牡(ひんぼ)という。雄強(雄々しく力強いこと)・雄壮(勇ましいこと)のように、「おおしい・さかん」など男性的な徳性の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 12画
部 首 ふるとり
音読み う(外)、え(外)・呉音
ゆう・漢音
訓読み おす

おおしい(外)
用例 雄健(ゆうけん)
雄大(ゆうだい)
雄飛(ゆうひ)

なかまのかんじ

ナのある漢字
厶のある漢字
隹のある漢字