書き順
なりたち
 形声 音符は谷(よう)。谷は容・欲の字に含まれている谷(よう)で、渓谷の谷とは異なる字である。谷(よう)は さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)の上に神気の現れることをいう。祖先を祭る廟(みたまや・宀)の中に さいを供えて祈り、そのさいの上にかすかに現れた神の姿を容といい、その姿を見たいと思うことを欲という。金文には衣の中に谷をしるしており、衣装の上に神気がゆるやかに現れることを裕といい、「やたか・ゆるやか」の意味に使う。国語では、裕福・富裕のように使う。
そのほか
 
画 数 12画
部 首 ころもへん
音読み ゆ(外)・呉音
ゆ(外)・漢音
ゆう・慣用音
訓読み ゆたか(外)
ゆるやか(外)
用例 裕福(ゆうふく)
余裕(よゆう)
富裕(ふゆう)

なかまのかんじ

衣のある漢字
八のある漢字
𠆢のある漢字
口のある漢字
谷のある漢字  谷2 浴4 容5 欲6