書き順
なりたち
 形声 音符は兪(ゆ)。兪は把手(とって)のついた手術刀(余)で、患部の膿血(のうけつ・うみしると血)を盤(月は舟で、盤の中の形)の中に移し取る形であり、それで、うつすの意味となる。他のものにうつしていいあらわすことを喩といい、「たとえる、つげる」の意味となる。また、「論語」に「君子は義に喩(さと)る」のように用い「さとる」の意味になる。
そのほか
 
画 数 12画
部 首 くちへん
音読み ゆ・呉音
ゆ・漢音
訓読み たと-える(外)
さと-す(外)
さとる(外)
用例 引喩(いんゆ)
比喩(ひゆ)
直喩(ちょくゆ)

なかまのかんじ

口のある漢字
𠆢のある漢字
月のある漢字
刂のある漢字