書き順
なりたち
 形声 音符は台(たい)。台に怡(い・よろこぶ)詒(い・おくる)の音がある。「説文」に、「銷(と)かすなり」とあって、鋳冶(金属を精錬すること。鋳(い)ること)の意味とする。金属を「いる、とかす」の意味のほかに、鋳冶して光彩を発するので、「なまめかしい」というの意味にも用いる。字は冫(ひょう)部に属する字とされるが、冫は仌(ひょう・氷)の意味ではなく、金・匀に含まれる射込んだ銅の小さな塊の意味である。
そのほか
 
画 数 7画
部 首 にすい
音読み や・呉音
や・漢音
訓読み と-かす(外)
い-る(外)
つく-る(外)
用例 遊冶(ゆうや)
塩冶(えんや)
冶工(やこう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
金属を精錬する 冶金・鍛冶・溶冶
人格を練りあげる 陶冶
なまめかしい 艶冶・遊冶郎・妖冶
なかまのかんじ

冫のある漢字
厶のある漢字
口のある漢字
台のある漢字
 台2 始3 治4