書き順
なりたち
 形声 音符は皆(かい)と。皆はたくさんの神々が並んで降りてくることをいう。それで、「あう、ととのう、やわらぐ」の意味となる。諧謔(かいぎゃく・じょうだん)などのように、「たわむれ」の意味に用いる。俳諧(おどけたことば)は、国語では特に江戸時代の俳句や連句などの文芸をいう。
そのほか
画 数 16画
部 首 ごんべん
音読み げ・呉音(外)
かい・漢音
訓読み かな-う(外)
やわ-らぐ(外)
用例 諧易(かいえき)
諧声(かいせい)
和諧(わかい)


なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
上のある漢字
匕のある漢字
比のある漢字
白のある漢字
皆のある漢字  階3