書き順
なりたち
 形声 音符は耕(こう)を省略した耒。また毛(もう)の音でよむことがある。「詩経」に、「下土(かど)を耗斁(こうと)とす」(地上を消耗しつくした)とあって、斁(と)は獣の死体が分解することをいい、耗は田畑の荒れるの意味であろう。耗土(こうど)とは、荒れてやせた土地をいう。耗尽(こうじん・つきはてること)・耗損(こうそん・使いへらすこと)・消耗(しょうもう・使ってなくなるみと。体力などを使い果たすこと)のように、「へる・へらす・なくなる」の意味に使う。もうは慣用音である。
そのほか
 
画 数 10画
部 首 すきへん、らいすき
音読み こう・呉音
こう・漢音
もう・慣用音
訓読み へ-る(外)
用例 減耗(げんこう)
衰耗(すいこう)
摩耗(まもう)

なかまのかんじ

三のある漢字
耒のある漢字  耕5
毛のある漢字  毛2