書き順
なりたち
 形声 音は良(りょう)。もとの字は孃(じょう)に作り、音は襄(じょう)。襄にはふくらむの意味があり、胸のふくらんだ女性、肉づきのゆたかな女性を孃(嬢)といい、「はは・むすめ」の意味となる。のち隋(ずい)・唐代(六世紀末~十世紀)のころから娘の字を使うようになった。隋王朝には娘子軍(婦人部隊)があった。中国には子授けの神を祭る娘娘廟(にゃんにゃんびょう)があり、その祭りは庶民でにぎわった。
そのほか
 
画 数 10画
部 首 おんなへん
音読み にょう(外)・呉音
じょう(外)・漢音
にゃん(外)・唐音
訓読み むすめ
はは(外)
用例 娘子(じょうし)
爺娘(やじょう)
娘娘(じょうじょう)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
女のある漢字
良のある漢字   食2 養4 良4