書き順
なりたち
 象形 長い柄のあるほこの形。「説文」に兵車の上に建てる長さ二丈(約六めーとる)のほこであるとする。先端に横刃のあるほこを戟という。戈を台座に(冏)の上に立てて武威を示すことを矞(いつ)、矞を捧(ささ)げて巡行して査察しを行うことを遹(いつ・ただす)といい、金文では、遹正・遹省という。
そのほか
   
画 数 5画
部 首 めへん
音読み む・呉音
ぼう(外)・漢音
訓読みほこ
用例 矛戈(ぼうか)
矛盾(むじゅん)
矛矢(ぼうし)

なかまのかんじ

武器の漢字
矛のある漢字  務5