書き順
なりたち
 形声 音符は未(み)。もとの字は鬽(み)。鬼と彡(さん)とを組み合わせた形。彡は深い毛の形で、長い毛の怪物を鬽といい、「ものもけ・ばけもの・すだま(山林、木石に宿っているとされる精霊)」の意味に用いる。籀文(ちゅうぶん)の字形の下部は獣の形で、それは祟(すい・たた)りの字形と近く、魅は祟(たたり)をもたらす怪物と考えられ、恐れられていたのであろう。魅了(人の心を完全にひきつけまどわすこと)・魅力(人の心をひきつけ夢中にさせる力)・魅惑(人の心をひきつけまどわすこと)のように、「まどわす」の意味に用いる。
籀文の字形
そのほか
   
画 数 15画
部 首 きにょう
音読み み・呉音
び(外)・漢音
訓読みものもけ(外)
すだま(外)
まど-わす(外)
用例 鬼魅(きみ)
魔魅(まみ)
魅虚(みきょ)

なかまのかんじ

田のある漢字
儿のある漢字
厶のある漢字
鬼のある漢字 
木のある漢字
未のある漢字 
妹2 来2 味3 未4 株6