書き順
なりたち
 形声 音符は曼(まん)。曼は頭に深く被(かぶ)る頭巾(ずきん)に手(又)をかけて引き、目があらわれる形で、婦人の目の長くゆたかで美しいことをいう。水の果てしなく連なる様子を漫といい、「ひろい・ひろがる・たいら・みだりに」などの意味に用いる。
そのほか
   
画 数 14画
部 首 さんずい
音読み まん・呉音
ばん(外)・漢音
訓読みそぞろ(外)
みだりに(外)
用例 漫文(まんぶん)
漫録(まんろく)
漫言(まんげん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
一面に広がる 漫漫・瀰漫 ・爛漫
むやみに広がる 漫然・散漫・冗漫・放漫
気のむくまま 漫談・漫筆・漫歩・漫遊
こっけいな 漫画・漫才
外国語の音訳字 浪漫
なかまのかんじ

氵のある漢字
日のある漢字
罒のある漢字
又のある漢字
曼のある漢字