書き順
なりたち
 形声 音符は末(まつ)。末に粉末(こな)の意味があり、それを手で塗りつけることを塗抹といい、「ぬる」の意味がある。ぬることによって、その表面にあったものを消すので、「けす」の意味に用いる。抹額は鉢巻きで、秦の始皇帝が海上で出会った神々はみな抹額をしていたという。
そのほか
 
画 数 8画
部 首 てへん
音読み まち(外)、まつ・呉音
ばつ(外)・漢音
も(外)・慣用音
訓読みぬ-る(外)
け-す(外)
用例 抹香(まっこう)
抹消(まっしょう)
一抹(いちまつ)

なかまのかんじ

扌のある漢字
木のある漢字
末のある漢字  末4