書き順
なりたち
 象形 右手の形。指を出している右手の形で、右のもとの字である。甲骨文字・金文では、「有り」の意味に用い、のち「また・ふたたび」の意味に用い、また「たすける」の意味にも用いた。みぎの意味には右を使った。𠂇(さ)は指を出している左手の形で、左のもとの字である。
そのほか
 
画 数 2画
部 首 また
音読み う(外)・呉音
ゆう(外)・漢音
訓読みまた
ふたたび(外)
用例 又者(またもの)
尚又(なおまた)
又又(またまた)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
又のある漢字