書き順
なりたち
 形声 音符は冘(いん)。冘に枕(ちん・しずむ)・鴆(ちん・毒鳥)の音がある。冘は人が枕をして寝ている形で、枕は木などで作った「まくら」をいう。死んだ夫を悼(いた)んで、その墓前で祭りをするときの歌である「詩経、東風」に、「角枕、殩(さん)たり(角(つの)の枕はあざやかけく)錦衾(きんきん)、爛(らん)たり、(錦(にしき)の衾(しとね)、きらきらし)と、棺の中の夫を歌っている。
そのほか
 
画 数 8画
部 首 きへん
音読み しん(外)・呉音
しん(外)・漢音
ちん(外)・慣用音
訓読みまくら
用例 枕席(ちんせき)
枕頭(ちんとう)
枕上(ちんじょう)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
木のある漢字
冖のある漢字