書き順
なりたち
 形声 もとの字は薶(まい)。音符は貍(まい)。字はまた貍に作る。貍(り)はたぬきの意味に用い、犠牲(いけにえ)を埋めるの意味のときは、ばいの音で読む。「周礼」に「貍沈(ばいちん)を以(もっ)て山林川澤(せんたく)を祭る」とあり、地下に犠牲を埋めることを薶(ばい)という。蠱(こ)という地中から侵入する邪霊を防ぐために地下に犠牲を埋めたのである。のちすべて地中に、「うめる・うずめる・うまる」の意味に用いる。
そのほか
 
画 数 10画
部 首 つちへん
音読み まい、め(外)・呉音
ばい(外)・漢音
訓読みう-める
う-まる
う-もれる
用例 埋蔵(まいぞう)
埋設(まいせつ)
埋没(まいぼつ)

なかまのかんじ

土のある漢字
田のある漢字
里のある漢字