書き順
なりたち
 形声 音符は麻(ま)。「広雅」に「礪(みが)くなり」とあり、磨礪(まれい・みがく)することをいう。また、磨滅する(すりへってなくなる)ことをいう。麻(ま)は摸(も・さぐる、なでる)と音が近く、指の力を加える所作(しょさ・しぐさ)に麻(ま)音を用いて、磨・摩のようにいう。磨・摩は通用することが多く、磨崖(まがい)・磨擦のようにいう。「説文」は䃺(ま)の字を出している。
そのほか
 
画 数 16画
部 首 いし
音読み ま・呉音
ば(外)・漢音
訓読みみが-く
用例 摩耗(まもう)
摩砕(まさい)
摩損(まそん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
みがく。とぐ 研磨・磨崖仏
つとめる。はげむ 練磨・切磋琢磨
する。すりへる 鈍磨・不磨・磨滅
梵語の音訳 達磨
なかまのかんじ

广のある漢字
木のある漢字
林のある漢字
口のある漢字
石のある漢字