書き順
なりたち
 形声 音符は番(ばん)。番は動物の足のうらの形で、ひらひらするの意味がある。翻意(意志をひるがえすこと)・翻身(身をひるがえすこと)・翻覆(ひっくりかえすこと)・翻弄(おもうままにもてあそぶこと)のように、「ひるがえる・ひるがえす」の意味に用いる。また原稿を版木にうつしかえて出版することを翻刻、ある国の言葉を他の国の言葉にかえることを翻訳という。字はまた飜(はん・ひるがえる)に作る。
そのほか
 
画 数 18画
部 首 はね
音読み ほん・呉音
はん(外)・漢音
訓読みひるがえ-る
ひるがえ-す
用例 翻案(ほんあん)
翻然(ほんぜん)
翻字(ほんじ)

なかまのかんじ

米のある漢字
田のある漢字
釆のある漢字  番2
羽のある漢字 
羽2 習3 翌6