書き順
なりたち
 会意 黒(黑)と土とを組み合わせた形。黒は橐(ふくろ)に火を加え、橐の中のものを黒い粉末にして煤(すす)をとることをいう。これに土を混ぜて練り固形にしたものを墨といい、「すみ」の意味となる。漆を混ぜて固形にすることもあったようである。甲骨文字の刻字の前に字を墨で書いたものが今でも残っている。刑罰として加える入れ墨に墨を使用することがあったので、「いれずみ」の意味に用いる。また、「くろい」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 14画
部 首 つち
音読み もく(外)・呉音
ぼく・漢音
訓読み すみ
くろ-い(外)
いれずみ(外)
用例 墨客(ぼっかく)
墨汁(ぼくじゅう)
筆墨(ひつぼく)

なかまのかんじ

色の漢字
田のある漢字
里のある漢字
黒のある漢字  黒2
れんがのある漢字
土のある漢字