書き順
なりたち
 形声 音符は某(ぼう)。某のもとの字は曰(えつ)と木とを組み合わせた形。もとの字形は木の枝に曰(神への祈りの文である祝詞を入れる器のさいの中に祝詞のある形)を著(つ)けて、神に捧(ささ)げ神意を問い謀(はか)るの意味で、謀のもとの字である。その謀る語を謀といい、「はかる・はかりごと」の意味になる。神に謀ることを咨謀(しぼう)といい、咨(し)は祝詞を唱え、神になげき咨(はか)るの意味である。
そのほか
画 数 16画
部 首 ごんべん
音読み む・呉音
ぼう・漢音
訓読み はか-る
はか-りごと(外)
用例 参謀(さんぼう)
謀略(ぼうりゃく)
謀反(むほん)

なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
廿のある漢字
甘のある漢字 
木のある漢字