書き順
なりたち
 形声 音符は夆(ほう)。「説文」に、字を、𧔧(ほう)に作り、「飛蟲(ひちゅう)、人を螫(さ)すものなり」とあり、昆虫の「はち」をいう。夆はその群飛するときの音を写すものであろう。
そのほか
画 数 13画
部 首 むしへん
音読み ふ(外)、ふう(外)・呉音
ほう・漢音
訓読み はち
用例 蜂起(ほうき)
養蜂(ようほう)
蜂巣(ほうそう)

なかまのかんじ

動物の漢字
口のある漢字
虫のある漢字
夂のある漢字
三のある漢字
夆のある漢字