書き順
なりたち
 形声 音符は包(ほう)。包は人の腹の中に胎児のいる形で、つつむ、くるむ、いれるの意味がある。手でつつむことを抱といい、「だく・いだく。かかえる」の意味に用いる。「老子」に「樸(はく)を抱く」とあり、人間の本来の素朴な心を守ることをいう。
そのほか
画 数 8画
部 首 てへん
音読み ぼう(外)・呉音
ほう・漢音
訓読み だ-く
いだ-く
かか-える
用例 抱持(ほうじ)
合抱(ごうほう)
懐抱(かいほう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
だく。いだく 抱合・抱擁・抱卵・介抱
心にいだく。思う 抱懐・抱負・辛抱・抱懐
なかまのかんじ

扌のある漢字
勹のある漢字
己のある漢字
包のある漢字  包4