書き順
なりたち
 形声 音符は扁(へん)。扁は、片開(かたびら)きの編み戸の形。扁はかたよる、一方の意味であるが、歩く、行くの意味のある彳(てき)・辵(ちゃく・辶、辶)を加えた徧・遍は「あまねし、ゆきわたる」の意味に用いる。「説文」に徧を正字とし、「帀(めぐ)るなり」という。徧のほうが古い字形である。わが国では遍路(へんろ・空海の八十八か所の霊場を巡ること。またその人)のように用いる。
そのほか
画 数 12画
部 首 しんにょう
音読み へん・呉音
へん・漢音
訓読み あまねし(外)
用例 一遍(いっぺん)
普遍(ふへん)
遍歴(へんれき)

なかまのかんじ

尸のある漢字
戸のある漢字
冂のある漢字
冊のある漢字 
輪4 編5 冊6 論6
辶のある漢字