書き順
なりたち
 形声 音符は毎(まい)。毎に海(かい・うみ)・晦(かい・くらい)の音がある。毎は多くの髪飾りをつけた女の姿で、頭上が鬱陶(うっとう)しいような状態をいう。海・晦には、暗いという意味がある。そのような重苦しく、くらい心理状態を悔といい、「くいる・くい」の意味となる。恨は音は艮(こん)で、艮は目(呪眼)をおそれて後退する人の形。それで悔恨(過ちをくい、残念に思うこと)のように用いる。国語では、人の死を惜しみ弔うことを「くやむ」といい、「くやしい」の意味に用いる。
そのほか
画 数 8画
部 首 りっしんべん
音読み け・呉音(外)
かい・漢音
訓読み く-いる
く-やむ
くや-しい
用例 後悔(こうかい)
追悔(ついかい)
悔心(かいしん)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
忄のある漢字
毋、母のある漢字
毎のある漢字  海2 毎2 梅4